English
JointokyoGDLN|

主要テーマ

TDLCは4つの主要テーマグループを設定してラーニングプログラムを開発しています。開発に関する世界的ネットワークやパートナーとの協力、そして日本の専門知識を活かし、最も効果の高いプログラムを展開しています。

プログラムニュース

Top

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と津波の被災者の皆様に対し、世界銀行グループ職員一同より心からのお見舞いを申しあげます。また、救命、復興活動に当たられている皆様に対して心から敬意を表するとともに世界銀行グループとしても出来る限りの協力・支援を行う用意があることを申し添えます。

フィーチャー・プログラム

2011年 ILO/ 青山学院大学/ TDLC連携講座

ビデオ会議レクチャーシリーズ(4回)

2011年10月20日(木曜日)
2011年11月10日(木曜日)
2011年11月17日(木曜日)
2011年12月22日(木曜日)
すべて開場17:30 開演18:00 終了20:00(日本時間)

image

Meriem Gray—World Bank

国際労働機関(ILO) 駐日事務所青山学院大学、および世界銀行 東京開発ラーニングセンターは、ビデオ会議システムを通してILO本部(ジュネーブ)、アジア太平洋総局(バンコク)およびILO駐日事務所の専門家を講師に招き、ディーセント・ワークの実現をめざすILOの国内外の活動についてのビデオ講義を開催いたします。3年目となる本レクチャーシリーズは、国際的な労働問題についてわかりやすく理解できる講義内容で、現場で活躍する専門家の話が直接聞けるまたとない機会です。

幅広い層の方々より沢山のご参加をお待ちしています。

 

つづく…

マイクロファイナンス・トレーナー・コース 8 (MFTOT 8)

ビデオ会議、オンライン指導など組み合わせ学習

2011年12月 - 2012年4月

image

アジア開発銀行研究所(ADBI)、東京開発ラーニングセンター(TDLC)のコラボレーション・プログラム、第8回マイクロファイナンス・トレーナー・コースが平成23年12月~平成24年4月に開催されます。

2005年2月に始まったマイクロファイナンス・トレーナーズ・コース (MFTOT) は、マイクロファイナンスの実務家の研修を通じて、アジア大洋州地域のマイクロファイナンス機関の能力強化を目指すユニークなプログラムで, 過去7回で総計51カ国から694人のトレーナー資格認定者を生み出しました。 本コースでは国連資本開発基金(UNCDF)が開発した教材(CD-ROM、テキスト)を使用し、学習管理ソフトの Moodle上でトレーナーとして認定されたチューターによるオンライン指導と共に、国際的なマイクロファイナンスの専門家によるビデオ会議での講義を組み合わせたブレンデッド・ラーニング手法を取り入れた効果的な学習方法でトレーナーを育成します。

コース終了時には、受講する目的や課題の成績に見合ったトレーナーの資格認定書、またはコース完了認定書が受講者に授与されます。

本コースへの参加登録受付は締め切りました。たくさんのご登録ありがとうございました。

つづく…

このシリーズ全体にご関心をお持ちの方は、マイクロファイナンス・トレーナー・コース(MFTOT)をご覧下さい。

グリーン成長 (Green Growth) ビデオ会議セミナー(全2回)

公開セミナーのご案内

第1回: 2011年11月14日(月)「グリーン成長政策(概観)1」
第2回: 2011年11月25日(金)「グリーン成長政策(概観)2」

時間:12:30〜15:30 (日本時間)

image

Liang Qiang—World Bank

東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、Global Development Learning Network (GDLN) のビデオ会議システムを利用して、Korea Development Institute (KDI) SchoolAsia-Pacific Finance and Development Center (AFDC)と共同でグリーン成長(Green Growth)ビデオ会議セミナー(全2回)を開催します。「グリーン成長」は地球規模で持続的な経済成長を目指すアプローチです。本セミナーでは、日本、中国および韓国の専門家が、各国グリーン成長に関する政策、実行の現況について報告し、グリーン成長の概念をアジアや他の地域に広めるため、セミナー参加者間で意見交換や分析をする予定です。

セミナー当日は、韓国、中国、日本、そして他の国々とビデオ会議にて接続する予定です。各国と、グリーン成長に関する情報共有や意見交換ができる大変貴重な機会ですので、幅広い分野よりみなさまのご参加をお待ちしております。

つづく…

フィーチャー・ストーリー

グリーン成長セミナーにアジア9カ国が参加

2011年11月

世界銀行 東京開発ラーニングセンター (TDLC)は 11月14日と25日の2日間に渡り、韓国のKorea Development Institute (KDI) School、および中国のAsia-Pacific Finance and Development Center (AFDC)と共同で、グリーン成長(Green Growth)ビデオ会議セミナー(全2回)を開催しました。

本セミナーは、グリーン成長に関わるアジアの主要国である日本、韓国そして中国における同政策の各国現況、および関連具体事例をビデオ会議を通じて、アジア大洋州域内各国へ専門家による講義により知見の共有を行うことを目的で行われました。

つづく…

東アジアサミットおよび関連ASEAN会議事後ブリーフィング

2011年11月21日

2011年11月17-19日にインドネシア・バリ島で開催された、第19回東アジア・サミットおよび関連 ASEAN会議からのハイライト、協議結果、および今後への課題について、スリン・ピッツワンASEAN事務局長よりASEAN関係者へ事後ブリーフィングが行われました。スリン事務局長による事後報告と各接続先との質疑応答を含む当日の模様は、TDLCサイト上のビデオアーカイブにてご覧ください(英語のみ)。

つづく…

東アジア持続成長のため発表されたメッセージ「Higher Ed Can Do MORE」

新しい世界銀行 東アジア大洋州地域新報告書を東京より発表

世界銀行 東京開発ラーニングセンターは2011年10月13日、世界銀行 東アジア大洋州地域広報局と共同で「東アジア途上国の高等教育を考える~成長を支える技能と研究」と題する新しい報告書の発表イベントを開催しました。

この発表に際し、TDLCにて東京や東アジア地域のメディアに対する記者説明会並びに公開セミナーを開催しました。セミナーには、ジム・アダムス同地域担当副総裁および報告書の主幹筆者、そして小寺清JICA理事が東京より参加したほか、テレビ会議システムを利用してシンガポールより、アニー・コー氏(Singapore Management University)、フィリピンよりエディベルト・ユスス氏(Asian Institute of Management)がパネリストとして参加しました。

つづく…

Top

途上国開発と貧困削減を目指す、日本政府と世界銀行の遠隔ラーニングパートナーシッププロジェクト、TDLC。

GDLN
アジア大洋州協会

GDLN アジア大洋州協会は新たに発足した地域内GDLN遠隔ラーニングセンターの組織です。各センターとも連携を密にし、より効果的なナレッジ・プログラムやサービス提供に尽力いたします。

VC Booking Form

リンク

GDLNのネットワーク 世界120ヶ所を超えるGDLN遠隔ラーニングセンターの場所や連絡先は、 GDLN ロケーションのページ(英文)をご覧ください。

プログラム開催の費用は? 当ホームページの価格情報のページをご参照ください。

TDLCの活動ぶりは?プロジェクト第一期(フェーズ1)を2010年6月30日をもって終了するTDLCは、専門家による事業の評価を受けました。Phase1アセスメント要旨をご一読下さい。

質問、疑問はよくある質問(FAQ)のページをご覧ください。

お問い合わせはe-メールでどうぞ。

Top

---

JoinTokyo
東京開発ラーニングセンター
遠隔ラーニングのための日本・世界銀行パートナーシップ・プロジェクト
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル10階
電話:03-3597-1333 • ファックス:03-3597-9161 • 電子メールはこちら