middle left top

Universal Health Coverage (UHC) に関する研究書籍出版記念セミナー: TDLC―WBG HNPグローバル・プラクティスの新たなコラボレーション

2014年11月27日
UHC Book Launch Seminar Photo Collage左上から時計回りに:内藤智之氏、前田明子氏、マイケル・ライシュ氏、ジョン・キャンベル氏、池上直己氏

世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)及び世界銀行グループ保健・栄養・人口グローバル・プラクティス・チーム(HNP GP) は、研究書籍「包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(原題:Universal Health Coverage for Inclusive and Sustainable Development)」出版を記念し、インドネシア、ラオス、ミャンマー、パキスタン、フィリピン、スーダン、タイ、ベトナム、そして東京を含む計9カ国12拠点を繋いだビデオ会議セミナーを2014年11月11日に共催しました。

当該書籍は、日本政府と世界銀行グループのユニバーサル・ヘルス・カバレッジに関する共同研究の研究結果をまとめたものであり、今回セミナーを実施することによってアジアの政策立案者や様々な関連ステークホルダーとの間で研究成果にかかる理解を共有することを目的として企画されました。各国からの参加者は、世界銀行の現地事務所、独立行政法人国際協力機構(JICA)本部及び現地事務所、JICA研究所、グローバル・デベロップメント ・ラーニング・ネットワーク(GDLN)の各センターに集い、ビデオ会議システム経由でセミナーに参加しました。

背景

同書では、地理的、経済的、そして歴史的背景の多様性を考慮した上で低・中・高所得グループから計11カ国が抽出され、これらの国を対象にUHCにかかる事例研究が行われ、最終的に二分冊の書籍が発刊されました。

「包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ:11カ国研究の総括」では、バングラデシュ、ブラジル、エチオピア、フランス、ガーナ、インドネシア、日本、ペルー、タイ、トルコ、ベトナムの11カ国が研究対象となり、各国のUHCにかかる取り組み状況や教訓が分析・解説されています。同時に刊行された「包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ―日本からの教訓 」では、1961年に国民皆保険を達成してから2011年には50周年を迎えた日本のUHCに関する政策・戦略の立案・実行の分析から、他国にとって貴重な教訓と技術的な助言となり得る説明が含まれています。これらの研究結果が、UHCの中で様々な段階にある他の国々が直面している共通の課題を解決する上で、貴重な教訓となって制度や運用の改善に繋がっていくことが期待されています。

書籍出版記念セミナー

セミナーは、TDLCマネージャー内藤智之の開会の辞で始まり、「包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ:11カ国研究の総括」主筆者の一人である前田明子世界銀行リード・ヘルス・スペシャリストより、総括報告書の概要がTDLCスタジオから紹介されました。同書の共同執筆者のひとりであるマイケル・ライシュ ハーバード大学教授は、UHCの推進を左右する上での政治経済的な側面の重要性について報告しました。

「包括的で持続的な発展のためのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ―日本からの教訓 」を監修した池上直己 慶應義塾大学教授、寄稿者ジョン・キャンベル東京大学特別研究員は、国民皆保険の実現に関する日本の経験についての研究結果を詳しく報告しました。

これらの発表はすべてTDLCスタジオから各国へ向けて発信され、12拠点に集まった参加者からの質問に対して、発表者はビデオ会議を介し答えながら、各国ごとに異なる課題が存在することを前提に論議を進めました。質問者からは、自国の現況や課題が引用されつつ、今後の発展のために今回研究成果や日本の先進的な経験がどのように応用できるかという問題意識が多く見られ、全体的に積極的に問う姿が伺えました。

閉会の辞で前田は、今回セミナーの様に関係者間で論議を行うことによって、UHCに関して存在する不要な誤解が参加者の間で解けることが促進され、特にプライマリ・ヘルス・ケアの重要性を伝えることが出来たのが非常に有意義であった、と述べました。

コラボレーションへの新たな一歩

今回のセミナーは、UHCに関する研究書籍出版を記念すると同時に、世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)及び世界銀行グループ保健・栄養・人口グローバル・プラクティス・チーム(HNP GP)の新たな知識共有共同プログラムの始まりを記念するセミナーとなりました。UHCに関する政策・戦略の立案・実行のため助言を求める声が、主に低・中所得国で高まっていることに対応し、今後TDLCはWBG HNPと共同で日本および諸外国のUHCに関する有益な経験・教訓を共有するセミナーを実施していく予定です。

新しいUHCに関するセミナーシリーズに関しては、こちらをご覧下さい。

UHCに関する世銀の取り組み(英文):
http://www.worldbank.org/en/topic/universalhealthcoverage


middle left top